♡kira♡kabu♡

配当♡優待♡利確♡でキラキラした毎日希望♡

【小説】護られなかった者たちへ/中山七里レビュー

 

 

 

 

 

こんばんは♡

 

 

久しぶりに本のレビューblogです📕✨

 

f:id:kirakabu:20220201222302j:image

誰もが口を揃えて「人格者」だと言う、仙台市の福祉保険事務所課長・三雲忠勝が、身体を拘束された餓死死体で発見された。
怨恨が理由とは考えにくく、物盗りによる犯行の可能性も低く、捜査は暗礁に乗り上げる。
しかし事件の数日前に、一人の模範囚が出所しており、男は過去に起きたある出来事の関係者を追っているらしい。そして第二の被害者が発見され――。
社会福祉と人々の正義が交差したときに、あなたの脳裏に浮かぶ人物は誰か。

 

生活保護に関するお話が中心で、生活保護のお金って必要な方が受給できなくて、反社会的勢力の方が受給していたり…生活保護を出す側も予算が決まっているので、却下せざるをえない事例がでてきてしまったり…

実際に起こっている社会問題なのでなかなか重たい話です🐼

 

印象的だったのは、主人公と、弟分のカンちゃんと、ボコられていたところを助けてくれた通りすがりのおばぁちゃん、この3人の絆が育まれていく描写です✨

 

血が繋がっていなくても、こんな関係になれるのって素敵だなぁと素直に思いました🐹

家族でも固い絆を築き上げるのって簡単ではないと思っているんですけど、私の考えってマイノリティな方なのでしょうか🐹❓

泣ける小説と紹介されていて、絆が素敵で涙出ました💦

最近泣いていない方にはおすすめしたいです📚

 

 

この小説、映画化しておりまして、小説の表紙を見て一目瞭然ですが、主人公を佐藤健さんが演じています🐹

 

小説を読み進めて行くと、きっとこの役が佐藤健さんなんだろうな〜と思うとめちゃくちゃかっこいいやん素敵やんって思っちゃいます⭐️

 

 

ただ終始重たい話ですし、恋愛要素も一切なしですので、映画どんな風になるんだろうとちょいと心配です🐼🌀

 

 

 

QUOカードで購入した時の記事はコチラです

www.kirakabu.com

 

 

↓私の中山七里さんデビュー作品はコチラです

www.kirakabu.com